M Blog 株式投資物語

投資(中国株、アメリカ株、日本株、ETF)、読書、ジム、ヨガ、美容、上海生活、中国ITについて書き綴ります。2005年より上海在住。女子力の高い投資家を目指します。

スポンサーリンク 

中国が題材の書籍

私は2005年から中国上海に住んでいます。 中国に何年住んでいても、驚かされることばかりです。 中国は私たち日本人には理解出来ないことが多くありますし、中国と言っても、時代や地域によって大きな違いがあります。 少しでも中国を理解したいと思って色々…

中国電子書籍の最大手の閲文集団(China Literature 772HK)の株価予測-テンセント傘下の銘柄分析-

中国電子書籍の最大手の閲文集団(China Literature 0772HK)はテンセントの傘下で2003年にテンセントの電子書籍事業からスピンオフし、2007年11月8日に香港市場へ上場しました。 香港市場へIPOの際には、株式市場の活況もあり、応募倍率が622倍、5,200億香…

昭和の金融・経済小説

私は金融・経済小説を読むのが好きです。 金融と言うと高学歴のエリートが金融工学を駆使して、クールに利益を出していくイメージがあると思います。 でも戦前や昭和の高度経済成長時の日本の金融は、まだネットも無い時代でデイトレも有りません。 相場師や…

絶食系男子となでしこ娘 (本の感想)

以前読んだ本「絶食系男子となでしこ娘」について感想を書きます。 本の帯には”アジアグローバルエリートと結婚する日本人女性が急増中”とあります。 急増と言うのは大げさかも知れませんが、以前と比べれば、出会いも多く、アジアの男性を結婚する日本人女…

中国平安保険の2019年株価予測 今は買いか!?

中国平安保険は、今年になって12.29%も上昇しています。 もう直ぐ2018年第4四半期の決算発表があります。 その前にこれまでの中国平安保険の現状を整理しておきたいと思います。 また平安保険の株価予測をしてみました。 中国平安保険の売上と利益の実績 平…

海外在住者のマイナンバー対策、 一時帰国でマイナンバーを取得

今日は海外在住者のマイナンバーの取得方法について書きます。 海外在住者がマイナンバーが必要な理由 日本企業の株主優待の権利のため 香港の銀行からの要求 海外在住者のマイナンバーの取得方法 マイナンバーの具体的な取得方法 海外在住者が日本の証券会…

現在のポートフォリオ

現在のポートフォリオと投資戦略についてまとめてみました。 ポートフォリオ 各銘柄について思うこと テンセント 中国平安保険 アリババ アマゾン 京東(JD.COM) ハウス オブ ローゼ 今年の株式投資戦略 ポートフォリオ 2019年2月8日現在の私の株式運用のポ…

ソフトバンク・グループ2019年3月期決算内容

ソフトバンク・グループは昨日6千億円の自社株買いを発表。 本日株価が約17%も上昇しています。 時価総額9兆円の企業が1日で17%も上がるとは凄いことです。 ソフトバンク・グループの2019年3月期決算(第3四半期)の決算が昨日発表されました。孫社長のプ…

ソフトバンクのIPO後の決算 今後は?

通信会社ソフトバンク株式会社のIPO後、初めての決算発表動画(約1時間半)を見た感想を書きたいと思います。 ソフトバンクは親会社のソフトバンク・グループの孫社長にしても、通信会社ソフトバンクの宮内社長にしても、プレゼンが非常に明確で理解しやすい…

株式投資の方法 デイトレ・ファンダメンタル・グロース・ETF

今日は株式投資の色んな投資方法について書きたいと思います。 同じ株式市場を通じて行う株式投資でも、人によってやり方が全く違います。 株式投資をしたいけど、忙しくて株を見ている暇が無いと言う人が居ますが、投資手法によっては毎日見る必要はありま…

企業の決算資料に思う事&テンセント2018年決算前のまとめ

今日は、テンセント2018年決算前のまとめをしてみました。 決算資料を見て思う事 テンセントの実績まとめ 今週米国株の決算ラッシュで、特にIT銘柄の決算結果とガイダンスはそれぞれ差が出てきました。 アリババは今年は未だ良さそうですが、アマゾンは今年…

アマゾン 2006年- 2018年までグラフ化と2018年決算レビュー

アマゾンの2018年の第4四半期の決算が出ました。 米国株のIT企業の代表的な銘柄です。皆さん気になるところですね。 今回は決算内容に加え、2006年から2018年までのアマゾンの事業別売上、営業利益、EPSのグラフを作りましたので、これまでを振り返ってみた…

投資信託(ファンド)はどれが良いか、やっぱりETF?

今日は投資信託についての説明と、殆どの投資信託は買わない方が良いと言う意見を書きたいと思います。 投資信託は日本だけでも数千種類あります。 プロに任せているから良いと思われてる投資信託ですが、実際はどうなんでしょうか? まずは全体像を把握して…

JD.COM(京東集団)の業績の振り返り

中国のEC(ネット通販)の第2位のJD.COM(京東集団)、売上は常に伸ばしていますが、2017年まではずっと赤字続きでした。 2018年から第1四半期と第2四半期はほんの少しですが、黒字化しています。 もう直ぐ2018年第4四半期の決算が発表されますが、今後はどう…