中国株 米国株なら-ゆうの株式投資物語

投資 中国株 アメリカ株 日本株 ETF 読書 ジム ヨガ 美容 上海生活 中国ITについて書き綴ります。2005年より上海在住。女子力の高い投資家を目指します。

意見 持ち家か賃貸か

よく議論される家について、持ち家か賃貸かと言われますが、私の考え方は次の通りです。

 

*日本に住む場合を前提としています。海外の場合は経済状況によって全然違うと思います。

 

私の理想は、

”米国高配当株式ETFやリートETFなどの流動性の高い金融資産の配当で賃貸の家に住むこと”

 

当たり前ですが、メリットは賃貸であれば自分の生活スタイルに合わせていつでも引越しが出来ます。


またいつでもキャッシュに直ぐに変えることが出来ます。

 

日本では一旦賃貸住宅に住むと家賃も上がることは殆ど無いですし、途中で出て行くように言われることも無いと思います。


デメリットとしては、金融資産が何らかの形で大幅に減少した場合、配当を得ることが出来なくなる。

 

アメリカ株の高配当ETFの場合、3%ほどの配当利回りがありますから、仮に毎月の家賃8万円の家に住む場合、


8万円/月 X 12月=96万円/年間家賃

 

年利3%で96万円を捻出するには、 96万円÷3X100=3,200万円


3,200万円分のETFを買えば、家賃8万円の家を買った事と同じ効果になると考えます。

 

ただ本当に相場より割安で現物不動産を買うチャンスがあるなら、買っても良いと思います。

 

この考え方、皆さんはどう思うれますか?

 

中国の場合は家を買うことに非常に執着しています。

 

理由はこの15年くらいで不動産価格が常に右肩上がりで、不動産で資産を大幅にアップさせることができたからだと思います。

 

また中国の場合、貸し手が圧倒的に有利な立場なので、借家住まいではいつ追い出されたり、毎年の契約更新時に家賃を上げられたりするか分かりません。