ゆうのユーチューブ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

健康 身体を鍛える事について

2年ほど前から週に2回はジムへ行って、きちんと筋トレをするようになって自分の身体が変わりました。


自分の身体が変わるだけでなく、普通に日常で他の人が歩いたりするのを見て、他人への見方が変わるようになりました。


どう言うことかと言うと、40歳くらいの人でも、既に老化が激しくヨボヨボな歩き方の人もいれば、力強く若々しい人もいます。

 

綺麗な服を着て、化粧してる女性でも、動きを見てるともう既にお婆さんに見える人がいます。

 

40歳を越えて中年太りで見た目はもう女や男を捨ててる人もいます。

 

少しは努力すれば良いのにと、当然本人にはそんな事言えないですけど。


40歳を越えるとお腹が出てる人が多く、自分は痩せていてお腹が出てないから大丈夫と言う人がいますが、痩せていても若いときと比べて筋肉量が全然違います。


同じ身長、体重でも筋肉量が少ないと見え方や動きが全然違うと思います。

 

40歳で既に肩が痛いとか、足が痛いとかと言う状況になっている人がいますが、普段努力しててなったのであれば気の毒ですが、何の努力もせずにそうなったのであれば自業自得です。


筋トレをしてるというと、そんなに鍛えて何を目指してるの? 何のために?と良く聞かれるますが、30歳を越えた人は皆筋トレをした方が絶対に良いと思います。

 

40歳で筋トレしてる人としてない人も既に差がありますが、10年後の50歳とかになったときにかなりの差が出ると思います。

 

長い人生ですから、毎日、毎週、毎月、毎年の積み重ねが大きな差になると思います。

 


企業を経営してたり、投資で成功してたり、仕事が出来て稼いでる人は素晴らしいと思いますが、全く運動してなくて身体がボロボロやヨボヨボだと、ああいう風にはなり無くないなと、尊敬出来ません。

 

仕事が忙しくて時間が無いとか、ジムのお金がかかるとか言う理由でも良いですが、健康=自分の身体ですから、良く考えた方が良いと思います。


お金以上に健康は大事だと思います。