ゆうのユーチューブ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

株の売却のタイミング(利益確定)

株の含み益を利益に変えるタイミングについて考えてみました。

 

私が今まで株を買って、結構含み益は出しているのに、今回のような株式市場の暴落などによって、それまで積み上げてきた含み益が小さくなってしまうことが良くあります。

 

どうすれば含み益を利益に変え、暴落を避けられるのか考えてみました。

 

アマゾン株の事例

 

アマゾン株を2017年5月2日に943ドルで購入し、順調に右肩上がりで上がって行きました。

 

2018年9月4日には最高値の2,027ドルを付けます。

 

その後、若干下げて、もう一度上げて、徐々に下げ、2018年12月に大きく下げてしまいます。

 

最高値を付けた時点で、自分ではまだまだ上がる、もっと利益を取りたい、また再び上がると思っていました。

 

結局はどんどん下げてしまって、購入時の資金分を回収するために、2018年12月18日に1,519ドルで持ち株の60%を売却し、残りの40%は現在でも保有しています。

 

最高値から3か月で25%も下げて、そして売却しています。

 

アマゾンのチャート

f:id:myopinion69:20190123000729j:plain

アマゾンチャート https://finance.yahoo.comより引用

*上記チャートはhttps://finance.yahoo.com/より引用しています。

 

買い:2017年5月2日 買値:943ドル 

売り:2018年12月18日 売値:1,529ドル

   *持ち株の60%を売却、40%は現在でも保持

                 

10年後にアマゾン株が2万ドルになると思うなら、とにかく長期ホールドでも良いかも知れませんが、10年も待ってられないです。

 

ただ待つだけでは自分の決めた時期に目標まで達成出来ない事になります。

 

今後の対策

 

対策としては新高値を更新後、新高値から10%下落した場合は売却する。

 

こうすれば最高値で売却することは出来ませんが、ある程度の高値は取れますし、大きく含み益を減らしてしますこともありません。

 

もし、最高値から10%下落して売却後に、株価が再び上昇し、最高値を再度更新したら、その時点で買い戻せば良いと思います。

 

2,027ドルの最高値から10%下落時点で売却していれば、1,825ドルで売る事が出来ていました。

 

下落後再び上昇するのではないかと、甘い期待はせず、機械的に売るべきです。