中国株 米国株 ゆうの株式投資物語

株式投資の解説と記録

トップページ
ゆうのユーチューブ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

シャオミ 3日間で18%暴落!ロックアップ期間終了で

2018年7月9日に初値16.6HKDでIPOをしたシャオミ(小米)ですが、下げが止まりません。

下記は小米のIPO後の値動きです。

f:id:myopinion69:20190122085429j:plain

下記は今週の値動き

f:id:myopinion69:20190122085737j:plain

*上記チャートは https://www.aastocks.com/ より引用しています。

 

今週特に下げています。

 

 

理由はIPO後のロックアップ期間の半年が終了し、上場前にシャオミ株を取得した株主が大量に売却し、この3日間で18%も下落しています。 

 

 

*ロックアップとは、企業が株式を新規公開する際に、創業者、会社役員、大株主、ベンチャーキャピタルなどの公開前のその企業の株主が、公開後の一定の期間、持株を売却することができないように公開前に契約を交わすことを言います。上場直後株価が大幅に下落するのを防ぐことが目的です。これはIPO目論見書に記載してあります。

 

日本でもソフトバンクのIPOが公募価格を下回りましたが、IPO荒れてますね。

私個人的にはIPOにはあまり良いイメージがありません。IPO後は3四半期くらいは買わない方がよさそうですね。

 

情報を良く調べて買わないと怖いですね。上場前から保有していた株主は今後シャオミの業績が良くないと考えて売り出したんですね。

 

将来を楽観視してるなら、売らないですからね。

 

スマホ(携帯電話端末メーカー)はアップルのiphoneの販売不振やファーウェイの事もありますし、状況は良くなさそうです。

 

既に中国人も殆どの人がスマホを持っているので、余程のイノベーションが無いとそう簡単に買い換えないと思います。

 

それと、今中国の景気はかなり悪いですし、売り逃げですね。

 

小米は中国では、アップルのような(意識して真似てると思うのですが)、お洒落な携帯電話を安く販売してるイメージです。