中国株 米国株 ゆうの株式投資物語

株式投資の解説と記録

トップページ
ゆうのユーチューブ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

中国Luckin Coffee(瑞幸咖啡)って? IPOは?

ラッキンコーヒーが上場申請をしたと言う事で、IPOの書類を読んで新しくラッキンコーヒーの記事を書きました。

 

新しい記事はこちらをご覧ください。

 

中国Luckin Coffee(瑞幸咖啡)とは?

f:id:myopinion69:20190414175707j:plain

ラッキンコーヒーロゴ(著者撮影)

中国でもスターバックスコーヒーはナンバーワンの大型カフェですが、昨年より中国企業のLuckin Coffee(瑞幸咖啡)が猛烈な勢いで店舗数を増やして、スタバに追いつこうとしています。

 

Luckin Coffee(瑞幸咖啡)は2018年1月に北京で1号店をオープンして、2018年末に店舗数は2,000店を超えました。

 

北京、上海、广州、西安、青岛等の大都市を中心に出店しています。

 

2018年7月には中国史上最速でユニコーン企業(時価総額10億ドルを超える未上場企業)になりました。

 

いずれ上場すると思うのですが、今度どうなるか楽しみです。

 

Luckin Coffeeが一般のカフェと違う点は、注文は実店舗でも、デリバリーでも全てWECHATか専用アプリで行い、支払いも電子決済を行うところです。

 

事前に注文と支払いをしてるので、お店のカウンターではコーヒーを受け取るだけです。

 

Luckin Coffeeは、オフィスビルに店舗を構えて、オフィス向けのデリバリーサービスに力を入れているようです。

 

下記が専用アプリの画面です。

f:id:myopinion69:20190112022618j:plain

Luckinコーヒーアプリ

スタバと違って店員との会話は殆どありません。アプリで注文し、注文時に砂糖を入れるかどうかも入力しておきます。

 

そのためスタバのように混んでお客さんを待たせないと言うのが売りのようです。

 

中国のスタバはどこでも非常に混んでいて、レジで10分ほど並んだり、席が無くて座れなかったりします。

 

ちなみにアメリカのスタバでは以前からにアプリでの注文は始まっています。

 

Luckin Coffeeへ行ってみた

f:id:myopinion69:20190414175803j:plain

ラッキンコーヒーPOP(著者撮影)

私は普段はスターバックスか上海ではコメダ珈琲に良く行くのですが、Luckin Coffeeは初めて行きました。

 

本日行った店舗はテーブルが4つほどあり、座ることが出来ました。

 

試しにカフェラテを注文してみました。

f:id:myopinion69:20190112022916j:plain

f:id:myopinion69:20190112022831j:plain

ラッキンコーヒー

価格はスタバより少し安く、カップサイズは大のみで、スタバのグランデ程あって量が多いです。

 

私は普段スタバでは一番小さいトールしか注文しないので、このサイズではちょっと多すぎてお腹が一杯になりました。

 

肝心のコーヒーの味ですが、スタバとそれ程変わらないという感じです。

 

f:id:myopinion69:20190112022701j:plain

お店の内装はシックでオシャレです。スタバの真似をした感じです。

 

スタバが混んでて座れなければ、今後もLuckin Coffeeに行くかも知れません。

 

中国では色んなカフェがコーヒー市場を取ろうと競争しています。

 

中国でのカフェチェーンの店舗数

Starbucks Coffee(米国企業):3,600店舗
Luckin Cofffee(中国企業):2,000店舗
Costa Coffee(英国企業):459店舗
Pacific Coffee(香港企業):約300店舗
Maan Coffee(中国企業):約510店舗

 

コスタコーヒーは日本に進出していないので、日本人には馴染みがありません。

ザ・コカ・コーラ・カンパニー(KO)が運営するコスタコーヒーについてご興味ある方はこちらの記事をご覧ください。

www.m-invester.com

 

上海の世界一大きなスタバの店舗の記事も是非ご覧ください。

www.m-invester.com