ゆうのユーチューブ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

現在のポートフォリオ(2019年3月22日)

昨日のテンセントの決算発表を考慮し、ポートフォリオが大きく変わりました。

 

 現在のポートフォリオ(2019年3月22日)

f:id:myopinion69:20190322202019j:plain

ポートフォリオ(2019年3月22日)

中国平安保険:10.7%
アリババ:6.0%
アマゾン:2.8%
グーグル:3.9%
マイクロソフト:3.2%
京東:1.1%
ハウス・オブ・ローゼ:0.6%
キャッシュ:71.7%

 

昨日のテンセントの2018年第4四半期と通期決算で、EPSが13%増でした。

 

テンセントの2018円の決算についてはこちらをご覧ください。

テンセント 2018年第4四半期決算、今後どうするか 

 

EPS が8.097人民元(約9.56香港ドル)は、今日の終値365香港ドルですと、PERが45倍です。

 

テンセントの過去のPERの推移は、2012年の29.3倍が最低で、2017年の45.09倍が最高でした。

 

第4四半期に投資した企業の評価引当などを計上したようです。

 

私は30%くらい増えていると楽観視し過ぎていました。

そのため、決算前日にテンセントを少し買い増していました。

 

昨夜のテンセントのADRは0.21%下げていて、今日の香港市場で午前中は少し上昇し、昼ごろに下げて、終値は0.55%上昇でした。

 

今日のテンセントの株価は、良くも悪くも、決算の影響は特になかった感じですね。
後ほど書いている通り、ブローカーの株価目標は上方修正されていました。

 

私は迷いに迷ったのですが、本日、テンセントを全て売却しました。

 

一昨日買った分は、値下がりや為替で、日本円にすると6%ほど損をしました。

 

今日全て売った事が正しいのかどうか、はっきり言って自分でも全く分かりません。

 

来週以降、徐々に上げて行ったら、非常に残念な気持ちになるかも知れません。

 

テンセントで資産を大きく増やそうと考えていたので、今後どうしようかと思います。

 

もっと長い目でテンセントを見るべきだと思うのですが、一度ポジションを下ろして、冷静になって考え直したいと思いました。

 

状況によって、再度買い直すかも知れません。

 

最近、平安保険も半分ほどを売却しました。

 

中国の景気がかなり低迷していて、色んな所で受注減や資金ショートの話を聞きます。

 

だからこそ、中国政府が減税政策や金融政策を取って、中国本土株が上昇し、香港株も上昇していると思います。

 

ただ、近いうちに反動が来るかも知れないと不安になります。

 

現在、キャッシュがかなり多い状態です。

テンセント ブローカーの目標株価

f:id:myopinion69:20190322202738j:plain

テンセント株価チャート https://www.aastocks.com/ より引用

テンセントを売却しましたが、今後も引き続き注目していきたいと思います。


私はゲームはしませんが、WeChatのヘビーユーザーです。

 

本日、各ブローカーがテンセントの目標株価を出しています。


決算後、各社目標株価を若干情報修正しています。

 

〇2019年3月22日
クレディ・スイス:428香港ドル

[ET Net News Agency, 22 March 2019] Credit Suisse raised its target price for Tencent
Holdings (00700) to HK$428 from HK$411 and maintained its "outperform" rating.
The research house said Tencent's 4Q revenue and non-GAAP earnings beat. Highlights
include (1) online advertising continued to outperform market growth on its solid traffic
momentum despite macro headwinds and regulations; (2) content upgrades of HoK not only
sustained large user base but also attracted old gamers; (3) overall content costs
increased which include a variety of offerings ; (4) long-term vision for payment business
is to make it popular among merchants and consumers.
Credit Suisse slightly revised up 2019 smartphone games to grow 19% (prior 17%) on a
successful content upgrade of HoK, while online ad growth at 33% YoY remain unchanged on
its market share gain story.
It also adjusted its non-GAAP estimates by 1-3% in 2019-2020 respectively factoring in
the long-term potential of Tencent. (KL)

 

〇2019年3月22日
モルガン・スタンレー:408香港ドル

[ET Net News Agency, 22 March 2019] Morgan Stanley raised its target price for Tencent
Holdings (00700) to HK$408 from HK$370 and maintained its "buy" rating.
The research house said Tencent's progress of diversification is ahead of Morgan's
expectation on top of disciplined cost control. It sees Tencent demonstrating good
progress in diversification to offset a likely slowdown of growth in games and to sustain
long-term growth.
It said that only 11% of Tencent's total revenue came from advertising in 2014. Morgan
believes that it could hit 20% in 2020 and maintain an attractive 33% p.a. growth rate for
2018-21.
Morgan sees multiple positive earnings levers for Tencent - game industry consolidation,
higher advertising monetization, greater fintech offerings, and strategic upgrade to
capitalize on consumer and industrial Internet. (KL)

 

〇2019年3月22日
ドイツ証券:416香港ドル

[ET Net News Agency, 22 March 2019] Deutsche Bank raised its target price for Tencent
Holdings (00700) to HK$416 from HK$337 on the increased expectations for WeChat Pay
revenue and profit in 2019-2022 and maintained its "buy" rating.
The research house believes 4Q 2018 results showed the underlying resilience and
strength in profitability of the fastest growing part of the Tencent ecosystem, mobile
payment. That has positive long-term implications.
However, the here and now of games and advertising were not as strong and a lack of
significant near-term catalysts or earnings momentum may cause some investors to look for
better stock opportunities elsewhere, DB noted. (KL)

 

 

〇2019年3月22日
シティー:430香港ドル

[ET Net News Agency, 22 March 2019] Citi Research raised its target price for Tencent
Holdings (00700) to HK$430 from HK$413 and maintained its "buy" rating.
The research house said Tencent's 4Q 2018 came in better than feared, contributed by
outperformance in other revenues which in turn benefited from cloud and Fintech revenues.
Ad revenues growth was softer mainly attributable to macro and pushed off of TV drama
content.
With the broader penetration of cloud services as part of its industrial internet
initiatives, Citi believes Tencent's growth prospect remains intact, and it is once again
proving and reinforcing management's execution ability and strategic visionary approach.
(KL)

 

〇2019年3月22日
ジェフリーズ:420香港ドル

[ET Net News Agency, 22 March 2019] Jefferies Research lifted its target price for
Tencent Holdings (00700) to HK$420 from HK$405 and maintained its "buy" rating.
The research house said Tencent's 4Q 2018 game softness was largely expected, but a
strong initial performance by "Perfect World Mobile" and a robust pipeline should provide
a growth buffer for FY2019 mobile game revenue.
Ad, cloud, and fintech now account for nearly half of overall revenue as Tencent expands
its addressable market beyond the consumer to enterprise internet. Jefferies raised its
FY2019/20 estimates by 1-2%. It expects gross margin to remain pressured by the structural
rev mix change, partly offset by rationalizing sales & marketing spend. (KL)

 

この記事のブローカーのEPS予測は下記サイトの数値を引用しました。
ET Net
https://www.etnet.com.hk/