ゆうのユーチューブ
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホスト2.0 歌舞伎町新時代の稼ぎ方 桑田龍征(著)

ホスト2.0 歌舞伎町新時代の稼ぎ方 桑田龍征(著)を読みました。

 

著書(桑田社長)は、父親が証券会社に勤務する普通の家庭で生まれ育ち、大学受験はせずに、付属高校から大学へ進学したようです。不良でもなく、いじめられている子供でもなく、普通のサッカー少年だったようです。
 
大学生の時にスロットに嵌って、友達から借金をし、その借金の返済のためにホストクラブでアルバイトを始めます。
 
バイトを始めて2年後に、大学生でありながら独立し、自分のお店を持ち、その後ホストクラブを5店舗まで拡大、他に学習塾3校、バー3店舗、ワインの輸入業、不動産仲介会社など10法人を経営する33歳の既婚者です。
 
桑田社長の会社は、ホストクラブと言うより、普通の企業のような感じだと思いました。
 
売上を上げるホストも大切ですが、その前にお店を管理する内勤も重要と考えて、内勤の給与も大幅に高くしています。店長で年収2,000万円です。
 
内勤を重視するのは、ホストに頼った組織にすると、ホストが移籍した際に売上に大きなダメージになるので、人気ホストに依存するのではなく、組織として人が入れ替わっても、お店を回せるようにしているのだと思います。
 
従業員にキャリアパスを持たせたり、社外からコーチングの講師を呼んで研修を受けさせたりしています。
 
広報、財務、人事は全て外注化しているようです。

 

理由は社員を雇うより、その道の専門家に任せる方が優秀で低コストだからだそうです。
 
優秀なフリーランスを使ったWebでの広報活動に力を入れたり、ユーチューブの番組を作ったり、積極的に表に出ています。
 
経営者として事業は、ホストクラブだけに留まらず、大学受験の予備校の武田塾のフランチャイズに加盟して3校も運営しています。
 
予備校も経営するというのは、桑田社長らしいなあと思いました。
 
武田塾は現在全国に200校ほどあり、難関大学へかなり多くの合格者を出しているようです。
 
この武田塾は、授業をしない塾です。
 
武田塾は生徒に授業をするのではなく、勉強の仕方を教えて、独学させると言うコンセプトの塾です。
 
お金がない生徒には、塾に来なくても、ユーチューブを見れば無料でやり方を得られるようになっています。
 
桑田社長は学習塾の経営で学んだ事を、ホストクラブの経営に活かせるし、ホストクラブのノウハウも学習塾の経営に活かせると言っています。
 
この本を読もうと思ったきっかけは、ユーチューブで「令和の虎」を見たためです。
 
「令和の虎」とは、20年ほど前にテレビで放送されていた、起業のチャレンジする人に投資をする「マネーの虎」の虎(出資者)の1人 岩井社長が行っているユーチューブ番組です。

 

マネーの虎のリバイバル版のようなユーチューブ番組です。

www.youtube.com

 

学習塾を経営する岩井社長がユーチューブで起業に挑戦したい人を募集し、既に起業で成功している社長を虎(出資者)として集め、虎が起業に賛同すれば、その挑戦者に投資します。
 
その虎として出演しているうちの一人が、この本の著者でホストクラブ経営の桑田社長です。

 

虎は桑田社長の他に、武田塾の林社長やフリーランスを纏める会社の株本社長、飲食店を経営する渡邊社長などが出演しています。
 
ユーチューブ番組を見ている限りでは、桑田社長は水商売の人と言う感じは全くありません。
 
物凄く明るい空気を持っていて、腰が低い人です。

挑戦者に、事業についての質問も的確にしていきます。
 
昔の「マネーの虎」は、起業を希望する志願者に対して、虎がかなり強気でダメだしをしていましたが、現在の「令和の虎」では虎は志願者の意見を冷静に、丁寧に聞いてアドバイスを行っています。
 
令和の虎を見ていると、起業成功した虎も挑戦者も、物凄く変わった独自の考えを持った人たちばかりだと思います。
 
日本国内の事業と言うと、閉塞感の中にはあるのかなと思っていましたが、そんな事は無く、日本のドメスティックな市場でも、いろんな事業アイデアを出して、熱意を持って事業をしている人たちがいます。
 
ホストクラブと言う水商売の経営者でありながら、既存の水商売のやり方に捕らわれず、他業種から良いと思った事をどんどん取り入れている経営方法が、桑田社長の会社を大きくさせているのだと思いました。

ホスト2.0 歌舞伎町新時代の稼ぎ方

ホスト2.0 歌舞伎町新時代の稼ぎ方

 

そう言えば、以前上海にも日本式のホストクラブがありましたが、直ぐに撤退していました。

 

日本人女性向けのホストクラブを営業しても、上海の日本人女性でホストクラブへ行く人は少ないと思います。

 

お金を持っていて行きたいと思っても、上海の狭い日本人社会で噂になるので、顔が指して通いにくいと思います。

 

中国人女性向けの中国人男性がホストのホストクラブは沢山ありますけどね。 

 

 

 

最後に、ホストクラブで遊ぶのは楽しいかも知れませんが、どっぷり嵌ってしまうとお金がいくらあっても足りません。ホストに狂って自分のキャリアを捨ててしまうようなことが無いように気をつけないといけないですね。

 

桑田社長もこの本の中で、騙されたくない人は来ないで下さいと言っています。