中国株 米国株なら-ゆうの株式投資物語

投資 中国株 アメリカ株 日本株 ETF 読書 ジム ヨガ 美容 上海生活 中国ITについて書き綴ります。2005年より上海在住。女子力の高い投資家を目指します。

テンセント 2019年第1四半期決算と株価予測

米中貿易戦争で中国株の市況が悪いですね。

 

中国のIT企業 テンセント(Tencent)の株価も下がり気味です。

 

ただし、企業の業績が伸びていれば株価も再び上昇するはずですので、チャンスはあるかも知れません。

 

テンセントの2019年3月期(第1四半期)決算(2019年5月15日発表)を見ていきましょう。

2019年第1四半期決ハイライト

f:id:myopinion69:20190525223637j:plain

2019年第1四半期決算内容

f:id:myopinion69:20190525224310j:plain

テンセント 四半期毎 売上・利益・EPSグラフ (著者作成)


売上:8,546億5千万人民元(前年同期比16%増)
営業利益:367億4,200万人民元(前年同期比20%増)
営業利益率:42%から43%へ増加
利益:278億5,600万人民元(前年同期比14%増)
利益率:33%を維持
EPS(税引き後):2.187人民元(前年同期比14%増)


ユーザー動向

メッセンジャーアプリWeChatのユーザーは前年より6.9%増加し、11億1,170万人となりました。

 

中国の約13億人の人口で11億人ですから、約85%の人がWeChatを使っていることになります。

 

実際中国に住んでいて見ていると、高齢者を除く、ほぼ100%の人たちが使っていると思います。


中には一人で複数のアカウントを持っている人が居ますので、WeChatのユーザー数は、いずれ中国の総人口を越えるかも知れませんね。

 

QQのユーザーは前年より2.2%増加し、8億2,300万人となりました。

 

テンセントはスマホ用のメッセンジャー・アプリWeChatをリリースする前に、スカイプのようなPC用のメッセンジャー・アプリ QQをリリースしています。

 

WeChatもQQもどちらも、スマホでもPCでも使えるので、同じテンセントで競合している状況です。

 

仕事でファイルを送る際にQQメッセンジャーを使う人が多いのですが、最近の若い人たちもQQを良く使うようです。


事業別の売上

f:id:myopinion69:20190525224124j:plain


VAS(Value Added Services):4%増
・ソーシャル・ネットワーク:前年同期比13%増
・オンラインゲーム:前年同期比1%減


ゲームに関しては政府の規制があるので、伸びていないようです。

 

オンライン広告:25%増
・メディア:前年同期比5%増
・ソーシャルとその他:前年同期比34%増

 

フィンテック&ビジネス・サービス:44%増


フィンテックの売上は2018年1Qの152億人民元から44%増加し、218億人民元となりました。

f:id:myopinion69:20190525224437j:plain

決算の感想と今度の予定 株を買うかどうか 

中国の決算書を見る際に、注意しなければならないことが、毎年2月に春節(旧正月)休みがあります。

 

殆どの企業が正式には7日間休みになり、多くの人たちは2-3週間ほど仕事を休みます。

 

今年は2月4日が春節であった為、多くの企業の2月の生産高と売上が大幅に落ち込みます。

 

テンセントの場合は工場で物を生産しているわけではありませんし、人々が休みで時間がある時や買い物をする時に売上が伸びるかも知れません。逆に下がるのかな?

 

第1四半期の決算は春節休みを考慮して考えなければなりません。

 

テンセントはこの3年間、第1四半期のEPSが他の3四半期と比較して、一番低い数字となっています。

 

悲観的な株価予測

第2四半期から業績が良くなって、2019年のEPSが15%伸びるとした場合

2018年のEPS 8.097人民元X1.15Xレート1.14=10.6香港ドル

EPS10.6香港ドルX株価収益率25倍=265香港ドル

 

普通の株価予測

第2四半期から業績が良くなって、2019年のEPSが18%伸びるとした場合

2018年のEPS 8.097人民元X1.18Xレート1.14=10.89香港ドル

EPS10.89香港ドルX株価収益率35倍=318香港ドル


楽観的な株価予測

第2四半期から業績が良くなって、2019年のEPSが20%伸びるとした場合

2018年のEPS 8.097人民元X1.20Xレート1.14=11.07香港ドル

EPS11.07香港ドルX株価収益率40倍=442香港ドル

 

*テンセントの過去のPERのレンジは2012年の29.3倍が最低で、2017年の45.09倍が最高だと思います。

 

この計算ではテンセントの株価は265ドルから442ドルとかなり幅が広いです。

 

米中貿易戦争で中国株の市況が悪い中なので、悲観と普通の中間程の280香港ドルくらいでテンセントの株を買うことが出来れば良いと思います。

 

私は2018年度の本決算が出た直後の2019年3月22日にテンセントを全株売却しました。

 

それでもテンセントはアジアのトップIT企業なので、今後も成長をする機会はあると考えています。

 

そのためテンセントの決算は四半期ごとにレビューをし、株価も常に確認しながら、再びテンセント株に投資するチャンスを待っています。

f:id:myopinion69:20190525224015j:plain

テンセント株価チャート https://www.aastocks.com/ より引用

現在の株価は324.8香港ドル(2019年5月24日終値)ですから、280香港ドルまで下がるには、まだ16%ほど下落が必要です。

 

今の市況を見ていると未だこれから16%くらい下げてもおかしくないと思います。

f:id:myopinion69:20190525224549j:plain



この記事はテンセントのIRサイトを見て書きました。
また一部の画像をIRサイトより引用させて頂いています。

https://www.tencent.com/en-us/investor.html